リフォームの事例・補助金・費用・相場などの速報をお届け!

リフォーム速報は無理

費用・相場

【完全保存版】リフォームの費用や相場の一覧まとめ

投稿日:

家を建ててから結構な年数も経ったことだし、そろそろリフォームしようかな?そう考えてはいるものの一体いくらかかるのかある程度の目安がないと相談しても時間の無駄になってしまうかもしれませんよね。

そんな方に向けて、このページではリフォームの費用や相場をかな〜りざっくりとした価格で一覧にしてまとめていますので参考にしてください。

リフォームの費用や相場の一覧表

施工箇所 内容 費用相場
戸建ての全面リフォーム 木造一戸建て(延床30坪程度) 1000~2000万円
マンションの全面リフォーム 70㎡程度 600~800万円
耐震補強リフォーム 木造一戸建て 200~500万円
和室を洋室に 6畳(押し入れもクローゼットに) 80~120万円
畳からフローリングに 6畳 15~25万円
床の張り替え 6畳 10~20万円
壁紙の貼り替え 6畳の壁の天井のクロス 5~8万円
壁面収納 設置幅3500mm、天井2400mmまで 40~80万円
窓を二重に 既存サッシの内側に内窓を設ける 5~10万円
床暖房 6畳の洋室に温水式の床暖房 50~80万円
浴室・洗面室をセットで システムバス・洗面台・内装を一新 150~200万円
トイレ 便器・便座(温水洗浄便座)・内装一新 20~80万円
浴室 システムバスに一新 100~120万円
洗面所 化粧台・内装を一新 30~50万円
キッチン キッチン・内装を一新 80~150万円
LDK 壁付け式キッチンから対面式キッチンにし、内装も一新 200~300万円
塗り壁に 6畳の壁・天井を珪藻土に 15~20万円
給湯器交換 戸建て24号壁掛け 20~35万円
玄関ドア交換 アルミ製に交換 35~60万円
外装塗装 戸建て延床30坪程度の屋根・外壁 100~180万円
屋根葺き替え 戸建て延床30坪程度のストレート屋根 150~250万円

念のためお伝えしておきますがリフォームの費用はお家の状態や大きさ、選んだ設備のグレードなどによって大きく変わります。表の価格相場は目安にもならない程度の目安としてお考えくださいね。

リフォームに充てる費用は予算から逆算して決める

リフォームを考えたらまずは使える予算の上限を設定しましょう。一箇所リフォームすることを決断すると、ついついアソコもココもとあれこれ手を付けがちです。

同時にリフォームすることによって費用を削減できる箇所であれば考える余地もありますが、そうでない箇所もいっぺんに考えてしまうと見積もりを受け取って金額の大きさにびっくりすることになります。

そうならないためにも先に「使える予算はこれだけで今回のリフォームでやりたい箇所はここ」とリフォームの内容をある程度決めておくことが大切です。

おおよその価格は上の一覧表から判断できますが、消耗の激しい水まわりのリフォーム(キッチン・浴室・洗面室・トイレ)をまとめると300万円程度が相場であることが分かります。

また、間取り変更を含めた全面リフォームでは、マンションは一旦スケルトンにしてイチから作り直すと600~800万円、一戸建ては耐震補強や断熱工事も含めて1000~2000万円ほどが相場になります。

騙されないで!チラシの価格はホント?

リフォームを考えるきっかけの一つにポストに入っていたチラシがあります。チラシを見て「思ったより安いな。」「この価格でこんなに綺麗に!?」と思ってしまいがちですが本当にその金額で思ったようなリフォームが出来るのでしょうか?

答えは限りなくNOに近いでしょう。

一般的にチラシで目立たせている価格は嘘はではないにしろ、基本的に特価品がベースになっており、商品ランクを落として表示していることが多いです。

例えば給湯器付きの風呂釜の場合、20号や24号が一般的なサイズですが、チラシに載せる価格を安くしたいがために16号の価格を載せていることがあります。当然、その価格で予算を組んでも実際に取り付ける給湯器は各家庭に合ったサイズになりますので予算をオーバーしてしまうことになります。

訪問販売などの大幅な値引きは怪しい

近年問題になっている外壁塗装の訪問販売では「足場台をタダにします!」「今日決めてくれれば100万円値引きします!」など普通では考えられないことをいうリフォーム会社も存在します。

確かに躊躇している客の背中を押すために値引きをすることは悪くはありませんが、それにも限度があって最初の見積もりが半額になるような大幅な値引きを持ちかけてくるのはかなり怪しいです。

そういった会社は最初の見積もりに値引き分を加算しておいたり、見積もりに「〇〇工事一式」など見積りに詳細を明記せずに実際の工事で工程を少なくしたり、材料のランクを落としたりと手抜きをする恐れがあります。

本当に良心的なリフォーム会社はしっかりと内容のわかる見積書を持ってくるものですし、価格も高過ぎない適正な価格を提示して値引き額も気持ち程度が限界で物足りなさを感じるくらいなものです。

リフォーム価格の内訳は大きく分けて「材料費」と職人さんの「施工費」の2つです。ただ単に「値引きしろ」と言われてもできるものではなく、材料のグレードを下げるか、職人さんの手間を少なくするかのどちらかを選択することになることを覚えておきましょう。

ただ、値引きも上手くやればそれなりに安くすることができます。詳細は「リフォーム価格を値引きする時の3つのポイントと値引き価格の相場」で解説しています。

【まとめ】最適なプランはプロに任せる

リフォームは工事の範囲や内容、現在の家の状態などによって金額が大きく変わってきます。例えば、キッチンのリフォームでもキッチン自体の位置は変えずに機器交換のみを行えば、ほとんど内装費はかからず、機器台と取り付け費用程度で済みます。しかし、逆に壁付けだったキッチンを対面式に変更すれば機器だけでなく内装も一新することになり費用も大きくなります。

このようにリフォームの価格は一軒一軒違いますし、同じ家でもプランや導入する設備によっても大きく変わってきます。ある程度前向きに検討しているのであればネットの一括見積もりなど簡易見積もりを依頼してみるのが手っ取り早いです。

もちろん、見積もりを依頼したからといって必ずリフォームする必要はありません。「予算が合わない」「思ったより高かった」「イメージと違った」「なんとなく気に入らなかった」「やっぱり今のままでいいや」こんな理由でも十分に断れますし、昔と違ってリフォーム会社もネットの評判を気にするためしつこく勧誘してきません。

素人の自分で情報集したり考えるのにも限界がありますので気軽に相談してみてください。

-費用・相場

Copyright© リフォーム速報は無理 , 2018 All Rights Reserved.