リフォームの事例・補助金・費用・相場などの速報をお届け!

リフォーム速報は無理

ノウハウ

二世帯住宅へリフォームするときの間取りや費用

更新日:

二世帯にするためのリフォームでは限られた空間をどのように分けるか双方がよく話し合って決めることが大切です。

このページでは二世帯住宅へリフォームする際の間取りや費用について説明しています。

二世帯住宅の間取りは3つのタイプに分けられる

二世帯住宅へのリフォームは大きく分けて下記の3つのタイプに分けることができ、まずはどのタイプにするかを決める必要があります。

  1. 共用タイプ
  2. 半共用タイプ
  3. 独立タイプ

ここからはそれぞれについて説明してきます。

共用タイプ

共用タイプは親世帯と子世帯にそれぞれの居室があるもののキッチンや浴室などの水まわりや玄関を共用するものです。リフォーム前の家があまり広くない場合はこのタイプがおすすめです。

比較的費用のかかる水まわりを共用にすることによってリフォーム費用を抑えることもできます。

共用タイプの場合は普段から食事や食後のひとときも時間を共にすることが多くなりますのでダイニングは広めのスペースを確保しておくと良いでしょう。

一方、プライベートな時間はそれぞれの個室でとることになるので寝室にはテレビなど、それぞれが必要と思うものが置けるスペースや収納を確保しておきましょう。

共用タイプは生活リズムのズレなどで問題が発生しやすいため必ず事前にそれぞれの生活を振り返って共用できるもののタイミングなどをシミュレーションしておくようにしましょう。

半共用タイプ(複合タイプ)

続いての半共用タイプは玄関は共用するもののキッチンや浴室といった水まわりはそれぞれの世帯に設ける間取りのタイプです。

一階と二階に分けたり左右で分けるケースがあります。

共用タイプに比べてプライバシーが確保しやすいのが最大の特徴です。

独立タイプ(完全分離)

最後の独立タイプは水まわりに加え、玄関もそれぞれに設けるタイプです。玄関も水まわりもダイニングも分かれているため帰宅時間など生活リズムが違っても気になりません。一つの屋根の下に2つの家が建っているようなものですからほとんどアパートと同じようなイメージになり、プライバシーも保ちやすいのが特徴です。

ただ、せっかくの二世帯住宅なのですから子供と交流を持てるプレイルームや団らんの持てる部屋を作るものおすすめです。

二世帯住宅へのリフォームの費用や相場

まずあらかじめお伝えしてきますのが詳しい価格はそれぞれの家の状態に加え、どのプランにするのか?設備にどの程度こだわるのか?防音工事の有無、バリアフリーの有無、一階二階で分けるのか左右で分けるのか?などによっても大きく変わってきます。ここで紹介するのは目安にもならない程のざっくりとして価格です。

言うまでもありませんが、二世帯住宅にするリフォームプランの中で最も価格が安いのが共用タイプ、続いて半共用タイプです。一つ屋根の下に水まわりを含めた全てを二世帯分備え付ける独立タイプは最も費用がかかります。

詳しい価格の知りたい方は無料の一括見積もりなどを利用してプロに見積もってもらいましょう。初回の見積もりは基本無料ですのでざっくりでも見積もりしてもらうと良いでしょう。

新設する設備の費用がそのまま反映される

基本的には元の家にある設備にもう一世帯分の設備を新設することになりますので、その分の費用がそのままリフォーム費用に反映されます。下記にあるのが一般的に二世帯住宅へのリフォーム時に新設するであろう設備の価格相場です。

新設設備 費用相場
キッチン 80~150万円
トイレ 20~80万円
洗面所 20~50万円
追加分のリビング 130~180万円
部分改修 500~800万円

まず、これだけの金額は新設するだけでかかってきます。もちろん、新設するそれぞれの設備にこだわればこだわるほど価格は増えますし、目安の範囲で収まらないことも頻繁にあることでしょう。

防音工事をすれば一部屋で80~100万円、家全体をバリアフリーにすれば100~200万円が追加でかかることになります。

また、これら以外にも各世帯に合わせた細かい注文を入れると一番費用のかかる独立タイプでおよそ1000~1500万円ほどになります。

ちなみに建て替えると40坪の建て替えで2000~4000万円かかりますので、およそ半分程度の価格に抑えられることになります。

まとめ

どの間取りにするかは家族間の関係性や家の大きさなどによって違ってきます。また、せっかく二世帯住宅にしても嫁姑問題など家族の誰かが居心地が悪いと感じてしまうようではいずれ破綻してしまうことにもつながりかねません。

また、ご両親世帯にとってこの家が終わりの住処になるのであればバリアフリーなど先々のことを意識したリフォームを考える必要があります。

ただ、いずれにせよ消して一方的に決めず必ず双方で話し合い、お互いにとって最も良いプランを探すようにしてください。

また、周りに二世帯住宅に住んでいる人がいる場合は話を聞いてみてメリットやデメリットなどアドバイスをもらってみてください。

-ノウハウ

Copyright© リフォーム速報は無理 , 2018 All Rights Reserved.