リフォームの事例・補助金・費用・相場などの速報をお届け!

リフォーム速報は無理

ノウハウ

リフォーム会社は大手と個人ではどっちがいいの?徹底比較した!

更新日:

リフォームを依頼する会社といっても頻繁にテレビCMを目にするような大手企業から地元の個人のリフォームショップまで様々です。

大手の方が安心できそうだけど個人の方が色々サービスしてくれそう…。リフォームは毎日家族が快適に暮らせるかどうかを左右する仕事ですし、たとえ小さな工事でもそれなりの金額がかかることが多いので会社選びには頭を悩ませてしまいますよね。

このページではリフォーム会社は大手と個人でどう違うのか?結局どちらを選ぶのが正解なのか?それぞれの特徴や失敗しない選び方などを紹介します。

リフォーム会社選びはフットワークの軽さも重視する

毎日毎日同じ家に暮らしているといつしか必ずどこか調子のおかしい箇所が現れます。たとえば網戸の張り替えや建具の調整、便器のタンク内の浮きの交換など数千円程度の工事はリフォーム会社にとっては売上額も小さい工事になりますが快く引き受けてくれるでしょうか?

テレビCMで「なんでも安く、早くやります。」といっていますが本当に安く早くやってくれるのでしょうか?最近話題になっている玄関スペアキー作製会社の問題を思い出してください。結局は出張費やら何やらで高額な代金を請求されるのが当たり前になっていますね。

中には何かと理由をつけて玄関キーをバラバラにし、シリンダーごと新品のものと交換させるような業者もあるというのですから驚きです。

リフォームの中には今でなくても良いリフォームも多いですが逆に絶対にすぐに作業してもらわなければならない緊急性の高いリフォームも多くあります。

そんな小さな困ったを解決してくれるフットワークの軽いリフォーム会社であれば今後大きな工事を任せてもその後の定期的なメンテナンスをしっかり行ってくれるでしょうし、機器の故障など緊急性の高いリフォームの時もすぐに駆けつけてくれますね。

そして、そんなリフォーム会社こそ本当に信用できるリフォーム会社であり、長く付き合いたいリフォーム会社でもあります。

小さなリフォーム会社と大手のリフォーム会社の比較

  大手のリフォーム会社 小規模リフォーム会社
価格
小回り
安心感

大きな会社はネットにも多くの口コミが投稿されていたり、施工実績が公開されていたりするので安心ですね。反面、小回りがきかないことがあったり、広告宣伝費などにも莫大なお金をかけているため価格が高くなってしまう傾向があります。

一方、小さくてもリフォーム専門で工事経験も積んでいる会社であれば価格も安い上、工事も円滑に早く進みます。また、何かあった時もすぐに駆けつけてくれたりメンテナンスにも嫌な顔せず対応してくれます。

また、大手企業は広告にお金を掛けているので新規のお客様からは続々と注文が入ります。一方、小さいリフォーム会社は広告宣伝費にお金をかけられないのでお客様同士の紹介で新規のお客様を獲得するということに重点を置いています。そして、お客様から紹介をもらうためには一回一回の工事だけでなく、工事の後のアフターフォローが非常に大切になります。

このことから、お客様同士の紹介の流れができているリフォーム会社は小さくても信用できるリフォーム会社ということが言えます。

大手は無難で安心、宣伝も充実していてわかりやすく施工例も充実していますが、それらに掛かった経費はしっかりと見積もりに反映されています。

リフォーム会社は大手じゃない方が良い?

では、一概に町の小さなリフォーム会社を選べば良いのかといえばそうでもありません。リフォームに特化した小さな会社を選ぶのにもそれなりの注意点があります。

まず、小さなリフォーム会社と言ってもかなりの数があり、運営年数や実績にかなりのバラツキがあります。また、一部の会社は目先の利益を優先し、高額な代金を請求したりリフォーム後のアフターサービスを全くやらないリフォーム会社も存在します。

逆に、良い会社と良好な関係が築ければ最高のリフォームが安く、早くできる上、その後のアフターフォローも適切にこなしてもらえることになります。

いずれにせよ、良いリフォーム会社を見つけるにはリフォームを依頼する側がしっかりと情報収集を行い最適なリフォーム会社を見つけることが大切です。

大手は動きは遅かったり価格が高いものの名前が知れている分、悪い口コミが出回らないように内容自体は無難にまとまりがちです。

小さなリフォーム会社を選ぶ際は得意な分野を任せる

また、小さなリフォーム会社では担当の癖というのもあってかそれぞれの会社に得意な分野と不得意な分野があることあります。当然、得意な工事の方が工事の質も上がりますし流れもスムーズです。

そして、得意不得意は会社のホームページなどの施工実績などを参考にするとわかることが多いです。得意な分野の工事は自信があるため実績として公開し、知らず知らずのうちに得意な分野の掲載件数が多くなりがちです。また、写真を確認して綺麗に見えるかどうか、自分の好みの雰囲気かどうかなど、直感的な部分も双方の相性を見極める上では大切です。

とは言っても最近では家全体のリフォームをパックにした商品が多くなってきましたので得意不得意も以前ほどはなくなりつつあります。

工事の規模に合わせて使い分ける

大手のリフォーム会社と個人のリフォームショップでは任せられる工事の大きさも変わってきます。たとえば、中古住宅を購入し、全面リフォームする場合や家の性能自体をあげるようなリノベーションでは、従業員が一人や二人しかいない街の何でも屋さんのようなリフォーム業者では力不足になりますので、ある程度の規模のリフォーム会社選びが必要になってきます。

また、500万年以上の工事を請け負う会社は「建設業許可」という許可を取得しなければなりません。「建設業許可」の中でも、「一般建設業許可」と、より条件の厳しい「特定建設業許可」の2種類があります。

これらの許可を受けている会社は契約や工事で問題が起きた際は処罰の対象になりますので違法なことはできません。大規模なリフォームや耐震面など命に関わる工事を行う際はこれらの許可を受けているリフォーム会社を選ぶと安心です。

許可の確認は直接聞いても正直に答えてくれるはずですが、確実に知りたい方は直接リフォーム会社を訪問すれば事務所のどこかにこの許可証が飾られているはずです。

自分自身で許可を取得している会社を探すのは大変ですが、この場合も一括見積もりサイトを使うと工事の規模に合わせたリフォーム会社を紹介してくれるので便利です。

リフォーム瑕疵保険があるとより安心

また、規模の大きいリフォーム工事では金額が大きいこともあって何かと心配ですよね。工事に何かあった時に工事を確実なものにしてくれるのが「リフォーム瑕疵保険」という保険でリフォーム工事に欠陥があったり万一リフォーム会社が倒産しても保険金が支払われます。

リフォーム瑕疵保険の対象範囲はリフォーム工事を行なった部分全てが対象です。規模の大きいリフォーム工事などを行う際はリフォーム会社に保証や保険について確認しておくとより安心です。

ちなみにホームプロなど一部の一括見積もりサイトでは無料で工事完全保証などがついているのでそれぞれの一括見積もりサイトにどのような保証があるのか確認しておくと良いでしょう。

-ノウハウ

Copyright© リフォーム速報は無理 , 2018 All Rights Reserved.