リフォームの事例・補助金・費用・相場などの速報をお届け!

リフォーム速報は無理

ノウハウ

リフォームVS新築(建て替え)|違いとぶっちゃけどちらがよいか

更新日:

同じ家に長く住んでいると同居している家族の人数が変わったり、年数とともに重ねた年齢によって不便さを感じることがあるはずです。もしくはふとした瞬間に汚さや古さを感じてしまうこともあるかもしれません。

いたるところに歪みた出たりすると建具の隙間が増えたり、冬に寒さを感じるようなこともあるはずです。また、最近では災害も気になりますし、少し前に話題になった耐震性に対する不安を持っている方も多いことと思います。

機器の交換など部分的なリフォームで済むのであれば問題ありませんが色々な箇所が気になったり、家全体の構造などに不安を持っている場合はリフォームにするか建て替えにするかで悩むことになります。

このページではリフォームにしたら良いのか?はたまた建て替えにするべきか?それぞれの違いなどを紹介しています。

全面リフォームと新築や建て替えの違い

まずはリフォームと新築・建て替えでどのような違いがあるのかを見てみましょう。

工事内容の違い

まず、工事内容に違いですが新築では既存の家を基礎から全て解体し、更地にして基礎から作り直すため建築基準法上許す範囲であれば間取りなどを自由に決め直すことができます。ただ、既存の家を解体するための費用は年々高くなってきています。

一方、リフォームの場合は既存の家の状態にもよりますが土台や骨組みを活用しながら工事を行います。腐食の激しい箇所は新しくしたり補強したりします。

リフォームというとあまり大きな間取り変更ができないイメージがありますが、耐震診断をしながら問題がない範囲であればそれなりに大きな間取りの変更もできます。大きい工事にもなると一世帯住宅を二世帯住宅に変更することもあります。

費用の違い

新築や建て替えでは全て新しくなりますから、基礎・土台・構造材・給排水・ガス・電気など一式をあたらに行うことにあります。リフォームでも痛みやすい給排水管部材や劣化したり錆びたりした構造材などは交換することになりますが、状態が良い部分などそのまま流用できる部材もありますので新築よりも全体の費用は大幅に安くなる傾向があります。

目安としては新築や建て替えの場合で3000~5000万円の規模のリフォームがリフォームでは1000~3000万円ほどになります。

ローンや金利の違い

新築で家を建てる場合は有担保で審査が厳しいですが金利が低く借入額の多い住宅ローンが使えます。

リフォームローンは新築と比べて借入限度額も少なく金利も高くなりますが手数料がいらなかったり審査が早くて通りやすいなどのメリットがあります。リフォームローンを使う際は返済をどれだけ短期にするかがポイントになります。

また、最近は住宅ローンの残債にリフォームローンを組み込むような一体型のリフォームローンというものもありますので住宅ローンの残債がある方や中古住宅を購入してリフォームを考えている方は検討してみても良いかもしれません。

税金の違い

税金においてもそれぞれ違いがあります。

新築・建て替え
不動産取得税、登録免許税、固定資産税、都市計画税
リフォーム
一定の耐震改修を行なった住宅には、固定資産税、所得税、贈与税、登録免許税の減免制度が適用されます。不動産価値が上がった240㎡以上の住宅については課税されます。

工期の違い

新築や建て替えの場合は一般的に4~6ヶ月程度かかりますが戸建て全面リフォームの場合は2~3ヶ月程度で終わります。また、ローンを使う場合は住宅ローンを使うと審査に1~2ヶ月程度かかりますのでその分、リフォームに費やす時間は全体的にも長くなります。

手続きの違い

建て替えでは建築確認申請の届出が必要で、それと同時に建築面積に合わせた費用が発生します。また、既存の建物を解体した際の滅失登記や新しい家を引き渡した後に表示登記と保存登記を行う必要があります。

一方、リフォームは増築で床面積などの登記内容の変更があった場合のみ建物表題変更登記を行いますが、建築確認申請などについては特別な場合を除いては基本的に必要ありません。

その他

以上が建て替えとリフォームの違いになりますが、そのほかにも新築や建て替えでは地鎮祭(じちんさい)や上棟式(じょうとうしき)と呼ばれるセレモニーを行なったり、工事の前には地盤調査を行う必要があります。

リフォームと新築(建て替え)のメリットとデメリット

リフォームと新築(建て替え)にはれぞれにメリットとデメリットがあります。

リフォームのメリット

  • 新築と比べると価格が安くなりやすい
  • 丸々建て替えるよりも工事にかかる日数(工期)が短くなりやすい
  • 思い出のあるものなど残したいものを残せる
  • 廃材が少なくてエコ

リフォームのデメリット

  • 基礎など移動できないものがあるため全て自由にはなりにくい
  • 大掛かりになるとそれなりの費用がかかる

新築・建て替えのメリット

  • 基礎などリフォームでは弄りにくい部分まで最新の技術で作れる
  • 部屋の配置なども自由に考えられる

新築・建て替えのデメリット

  • 費用がかなり高くなる
  • 工期もかなり長い

まとめ

以上が新築や建て替えとリフォームの違いになります。お金だけでなく時間や手続きなど様々な違いがありますがそれぞれにメリットとデメリットがありますので一概にどちらが良いとは言えません。

ただ、いずれにせよそれなりに大きなお金を動かす決断にはなりますので、ご自分の環境や数年後、数十年後を見据えた判断が求められます。

今困っていることとこれから先どのように暮らしていきたいかを家族で話し合って決めてください。また、自分達だけでは知識が足りなかったりする部分もあるかと思いますし、自分の家の建て替えた場合とリフォームした場合の費用の差もイマイチわからないかと思います。

自分達だけで解決しようにも知識がないのですから絞り出すにも限界があります。言うまでもありませんが、そんな時は専門家に聞くのが一番です。

同様の悩みを持った家族の建て替えやリフォームをお手伝いしてきた会社に見積もりをもらって見比べたり、プランを提案してもらうことで解決できることも多くあります。

リフォーム会社も金額が金額だけに今すぐ契約が貰えるとは思ってもいませんし、笑顔で提案や見積もりをしてくれるはずです。

まずは、ネットの一括査定などを利用して各社のプランや金額を見比べることからはじめてみてください。

-ノウハウ

Copyright© リフォーム速報は無理 , 2018 All Rights Reserved.