ブログ

ロボットがもたらす小売・物流業界への影響や課題に迫る!

コロナ禍の影響で、実店舗のオンライン化が急速に進んでいます。E コマースの成長により、世界の小売・物流業界は大きく変化しています。

小売・物流業界の変化とともに、物流現場で作業をするロボットの需要も急速に高まっています。この記事では、ロボットが小売・物流業界に与える影響や今後の課題について迫ります。

物流現場にロボットが導入される理由

物流のスピードと正確さは、小売市場において重要視されています。小売市場の中でも特にeコマースは、年々競争率が激化しています。Amazonやニトリをはじめとする大手企業では、物流注文のピッキングと梱包のスピード、効率、精度を向上させるパレタイズロボットを導入しています。

従来のピッキングや梱包では、ピッカーが棚のある場所へ行き、ピッキングからカートへまたはピッキングからコンベアへ荷物を運んでいました。このプロセスを改善するためにロボットが導入されると、ロボットが棚の場所から梱包エリアに直接荷物を移動し、そこで梱包担当者が仕分けと梱包の作業を行うことができます。このソリューションにより、手作業でのピッキング作業が不要になり、ピッキング時間も短縮することが可能です。

 

人間の仕事への影響はあるのか?

物流現場でロボットが活躍して、物流の作業が自動化することで、人間の仕事がロボットに奪われてしまうのでしょうか?

物流現場におけるロボットは、人間が困難な作業を代行して負担を軽減するだけでなく、人間に不必要な作業も減らすことができます。

さらに、人間とロボットが一緒に仕事をする方法を検討している企業もあります。人と協働できるロボットは「協働ロボット」と呼ばれていて、従来のロボットに比べると安全に利用することができ、柔軟性が高い動きを期待できます。

多くの企業は業務の自動化によって、顧客の需要の高まりに対応するために、より多くの倉庫を開設できるようになり、より多くの人間の仕事が創出できると考えています。

 

産業ロボットの次なる課題とは?

eコマースの需要が継続すればするほど、サプライチェーン効率化の必要性は高まります。中には人型ロボットのテストを検討している企業もあります。機械学習とコンピュータビジョンを組み合わせて作られたロボットに、アレクサのような音声認識システムが搭載され、人間とのコミュニケーションを可能にすることが期待されています。

ロボット以外にも、コンベアベルトが改良され処理量と仕分けの精度が上がったり、商品を箱に詰められるロボットアームが登場したりと、新しい技術が続々と実用化されています。

このような革新的な技術は、企業の業務効率化に貢献しています。今後も物流現場におけるロボット工学は、継続して成長していくでしょう。かつては映画の中の世界のように思われていたことが、最近の技術の進歩で可能になっています。産業ロボットの次なる課題は、人間とロボットがどうやってうまく連携して働くことができるのかを理解することでしょう。

-ブログ

Copyright© 速報は無理 , 2021 All Rights Reserved.