ブログ

飲まないお酒を売りたい!売る方法や注意点は?

この記事では「貰ったけど飲まないお酒」や「買ったけど飲まずに未開封のままのお酒」が手元にあってそれらを売ろうと考えている方向けにワインやウイスキー、ブランデー、焼酎などのお酒を売る方法や注意点などを解説しています。

「飲まないお酒を売りたい!」という方は参考にしてみてください。

飲まないお酒は売れる?

そもそも飲まずに自宅に保管してあるお酒は全て売れるのかという点ですが、売れるお酒と売れないお酒があります。

その条件としてまず「未開封」であることです。開封して一口だけ飲んだお酒などは基本的に売るのが難しいです。お酒のボトルに価値がある場合には空ボトルとして売ることもできますが、さほど高い金額で売ることはできません。

また「賞味期限を過ぎているお酒」も売るのが難しいです。

ウイスキーや焼酎などアルコール度数が高いお酒は基本的に賞味期限の設定はありませんが、日本酒など賞味期限が設定されているお酒もあります。

その場合賞味期限を過ぎているとお酒としての価値は落ちてしまいます。

  • 「未開封のお酒」
  • 「賞味期限内または賞味期限がないお酒」

以上が売れるお酒になります。

飲まないお酒を売る方法

次に飲まないお酒の売る方法についてですが、主に以下の2つの方法があります。

  • 個人に直接売る
  • 買取業者に売る

個人に直接売るというのはネットオークションやフリマアプリなどインターネット経由で買いたい人を探す方法です。

ネットオークションやフリマアプリでは日々多数のお酒の取引がされていますので、買い手を探すというのは決して難しいことではありません。
出品作業や梱包、発送などの手間や時間はかかりますが、ネットオークションやフリマアプリであれば売りたい金額またはそれ以上の金額でお酒を売ることができます。

買取業者に売るというのはブランド品や貴金属、宝石などの買取と同じように業者に査定を依頼して金額に納得したら引き渡して現金を受け取る方法です。

最近ではお酒の買取に対応している業者は増えていて、お酒を専門に買取を実施する業者もあります。

参照:お酒の買取業者おすすめ7選!相場やウイスキー・ワインなどを高く売るコツも

店舗を構えて持ち込みでの買取をおこなっていたり、店舗は構えずに出張や宅配で買取をおこなっていたりと様々な業者があります。

ネットオークションやフリマアプリのように希望価格で売るというのは難しいのですが、手間や時間がかからずにお酒が売れてすぐに現金を受け取れるメリットがあります。

高い金額で売れるお酒とは?

ではどのようなお酒が高い金額で売れるのかというと、「希少性の高さ」がポイントになります。
例えば販売が終了している人気のウイスキーや限定品など市場にあまり出回っていないお酒は価値が高くなります。

またお酒の種類で言うと「ウイスキー」「ブランデー」「ワイン」などが比較的高い金額で売れます。反対に日本酒、焼酎などは高い金額が付きずらい傾向にあります。

飲まないお酒を売る際の注意点

  • 高く売りたければネットオークションやフリマアプリ
  • 手間や時間をかけずに売るなら買取業者

飲まないお酒をとにかく高い金額で売りたいというのであれば、ネットオークションやフリマアプリを利用するのがおすすめですが、

手間や時間がかかり、クレームや配送中の瓶の破損など少なからずトラブルのリスクがあることを知っておきましょう。

余計な手間や時間をかけずにトラブルも避けたい場合には買取業者に売るのがいいでしょう。

ネットオークションやフリマアプリと違って希望金額で売るのは難しいですが、気軽にお酒を売ることができます。

飲まないお酒を売ってみては

ここまで売れるお酒の条件や売る方法、高い金額で売れるお酒、注意点などを解説しました。

「飲まないお酒を売りたい!」という方は参考にしてみてください。

-ブログ

Copyright© 速報は無理 , 2021 All Rights Reserved.