ブログ

日本にカジノを作る3つのメリットと2つのデメリット

これまでの日本ではカジノは麻薬などと同様に依存性が強くその依存性を利用しビジネス化することによって人の人生を壊してしまう可能性が高い点と反社会勢力の資金源や犯罪に利用されるケースがあるため法律で禁止されていました。

しかし、皆さんもご存じの通り現在日本ではカジノ法案が可決し、統合型リゾートの建設に向け準備が進められています。ただ、私たち日本人にとってカジノのことをよくわからない方も多くいらっしゃるかと思いますので、ここでは日本にカジノを作るメリットとデメリットを簡単に解説していきます。

ちなみに最近ではカジノ法案によりカジノが話題になったことにより、オンラインカジノも人気が高まりつつあります。オンラインカジノについてはおすすめオンラインカジノ比較サイトを参考にしてください。

日本にカジノを作るメリット

税金の増加

税金の増加といっても全国民が支払わなければ住民税とは異なりたばこやお酒などといったものにつく税金のことを指しています。

カジノには特別な税金がかけられるため莫大な税金を徴収することとなるため国民の負担が軽減される。

地方都市の活性化

カジノで得た税金は国と地方自治体と分け合う予定のため自治体に今以上のお金が入ることになります。

さらに総合型リゾートを作ることによりその周辺に海外の観光客はもちろん日本の観光客も増加するためカジノ以外でも経済効果が期待で来ます。

以上のことから地方都市が今以上に成長する可能性また生活水準が向上すると断言できるでしょう。

国内雇用の増加

現在の日本は不景気の影響によりリストラや倒産などと雇用率が急激に低下しておりますがカジノを作ることによって国内雇用にも大きな希望をもたらすでしょう。

今後日本にできる予定のカジノは総合型リゾートとなるためカジノのみならず飲食店や宿泊施設などの周辺施設も含めますと多くの人手が必要となります。また総合型リゾート内でも雇用がもちろん必要となりますがリゾート地周辺や関連業者にも経済効果を与えるため国内の雇用が増加するといえるでしょう。

日本にカジノを作るデメリット

ギャンブル依存の増加

一番問題視されているのが「ギャンブル依存症」です。

日本にはパチンコ・競馬・競艇などと多数の賭け事が存在しており、ギャンブル依存症の国民が非常に多いのも現状です。そんな中一獲千金のイメージが強いカジノを建設するということはギャンブル依存症のさらなる増加を誘発するものと断言できるでしょう。

犯罪が増加する恐れがある

カジノ犯罪といえばマネーロンダリングです。

マネーロンダリングとは犯罪等で得たお金を綺麗にするという隠蔽工作のことです。またカジノではお金をチップに交換し払い戻しは別の紙幣との交換するシステムなのでマネーロンダリングに利用する場としてはカジノが使わる可能性が高いです。

そのような危険性がある中、知識や経験などがほとんどない日本で万全な対策が取れるかは定かでないため狙われる危険性があり狙われるということはより多くの犯罪者が日本に増える可能があるということです。

まとめ

日本でカジノを建設するということは日本経済にとっては大きなメリットがある反面日本の安全性を脅かしてしまう可能性があるというデメリットもあります。

現在はまだ建設段階ではありませんがカジノ法案が可決した今、私たち国民をしっかりと考え知識をつける必要があるかもしれません。

-ブログ

Copyright© 速報は無理 , 2020 All Rights Reserved.