FXトレード

【9月9日シナリオ】ドル円・ユロドル・ユロ円・ポンドドル・ポン円

更新日:

 

ドル円

週足などの大きい流れでは下降トレンド中だが日足や4時間足では長いレンジの末、先週末にMAに支えられるような形で上抜けを見せた。

レンジ上限で止まるかと思いきや、上限も突破し先週を終える。

今週はレンジ上限で支えられ、MAが追いついてきたり綺麗に反転を見せたら買っていきたい。

逆に長いレンジ上限に支えられることなく再度レンジの範囲に戻ってきて再びMAに抑えられるように反転を見せるような形になれば売って行けるような場面もあるかもしれない。

また、レンジに戻ってきた際は強く戻される可能性も十分に考えられ、その際は前回の安値あたりの動きをよく見ていきたい。

ユロドル

下降チャネルの中で動いているユーロドルは4時間足と日足のMAがガッチャンコしている状態でイマイチ方向が掴めない。

売りで考えるのであれば一旦4時間足のMAを下抜けてから戻りを付けたところを下位足でダブルトップなどになったところから狙いたい。

逆に上昇を考えるのであれば現在は日足のMAがガンガンに下げていることから少し時間を使ったり、強く上抜けるなどして日足のMAが支える、もしくは最低でも平行になったところから考えたい。

 

ユロ円

日足や週足でも強い下降トレンド中のユロ円は先週末に日足のMAを上抜けて支えるような形になってタイムアウト。また来週を迎える形になっていた。

そんな中、4時間足を見ると4時間足のMAは支える形になっているものの、日足のMAはまだ下向きの中上抜けたため、一旦の戻りを待って再度MAに支えられるように綺麗な反転を見せるようであれば下位足のダブルボトムなど反転の合図から買いを仕込んでいきたい。

逆に押しが深く入るように再びMAを下抜けた際はもう一度20MAとの絡みを見ていきたい。

オジドル

先週末は多くの通貨が下降から一転、上昇を見せている中、最も大きく上昇を見せたのがオージーである。

ただ、4時間足を見てわかる通り、黄色の週足のMAにも近づいているため上位足の戻り売りには十分に注意が必要である。ただ、前回の高値などレンジの高値を全て抜き去っていることから、もう少し深めの戻しにも期待できる。

ただ、赤の日足のMAとも乖離していることから一旦は押しを見せる展開も考えられる。その場合は再度レンジの上限のいずれかの高値に押しが入る可能性があるためMAとの絡みを見ながら反転位置を探りたい。

また、現在の勢いをそのままに上昇を見せても、すぐ上には週足のMAが控えていることから上位足からの戻り売りが入る可能性も十分ある。その場合は再度4時間足のMAや日足のMAを下抜けてきた際は抑えるような形になった場合は売りも検討していきたい。

また、週足のMAに抑えられる形になって、4時間足のMAに抑えられる形で下落してきた際も下からは今度は日足のMAが支えるような形になっていることから大きめの押しと考えて再度押し目買い勢力による買いが入る可能性もある。

オジ円

オジドルと同様に先週大きく上昇を見せたオジ円。ただ、すぐ上には週足MAが控えていることから上位足の戻り売りポイントになる可能性もある。MAを下抜けた際は戻りを待って綺麗に反転を見せるようなら売っていきたい。

逆に先週末抜けたレンジ上限に支えられるように、また日足のMAにも支えられるような形を見せて綺麗な反転を見せれば週足のMA付近までは買っていけるかも。

ポンドル

他の通貨と同様に先週以前は下降トレンドに入っていたポンドルだが先週は安値をあまり更新できず逆に高値を更新してタイムアウトしていた。

安値切り上げなしの高値更新であることから安値の切り上げポイントを作るように、かつ日足のMAに支えられるような形で綺麗な反転を見せれば買いを検討していきたい。ただし、すぐ上には週足のMAがあるからその距離感には十分注意したい。

そして、週足のMAに付近では上位足の戻り売りが入りやすいためMAを下抜けて綺麗な反転を見せるようであれば売りも検討していきたい。

逆に上抜けた日足のMAに支えられることなく再び割り込んで来た際は綺麗に抑えられるような形になれば下位足で売りを検討していきたい。

ポン円

先週末は強い上昇を見せ、直近の高値を超えた動きを見せたポン円。ただ安値切り上げなしの高値更新なのでそのまま上昇を続ける可能性もあるが一旦は安値を待ちたい。

前回の安値あたりまで押してくると綺麗な形になるが同時に20MAが追いついてきていることからMAに支えられる形になるかどうかも注目していきたい。

逆に先週の上昇を強く巻き戻して再びMAを下抜け、抑えられる形になればMAに絡んだところから売りを検討していきたい。

その際、直近には強い節目があるためできる限り損切りは近くにおけるように注意する。

-FXトレード

Copyright© 速報は無理 , 2019 All Rights Reserved.