ブログ

未経験からIT業界へ転職!アピールできる3つのスキル

IT業界と聞いて、あなたは何を思い浮かべますか?「興味はあるけど難しそう」「独学では勉強が厳しい」「未経験では転職できなさそう」例にあげたようなイメージをお持ちではないでしょうか。

一般的には、未経験からの転職は難しいと思われています。ですが、IT業界は常に人材不足。

そのため、アピールの方法次第では、未経験から転職することも可能なのです。

今回は、抜粋して4つのスキルをご紹介します。

 

1.コミュニケーションスキル

仕事上で最も必要とされるスキルは、コミュニケーションスキルです。

IT業界では、一見個人が黙々と業務をこなしているように見えますが、

  • ユーザーとの打ち合わせ
  • チームメンバーとの交流

など相手の意図をくみ取って、仕事をこなしていくことがほとんどです。

何気ない会話のキャッチボールができてこそ、業務もスムーズに進めることができます。

 

2.資料作成スキル

前職で資料作成の経験があれば、アピール材料の1つになります。

  • 誰が見てもわかる
  • 必用な情報を取捨選択できる
  • 文章をまとめる

この3つが合わさって資料はできています。

加えて、「Word」や「Excel」といったツールを使用して作成していた場合、大きな武器となります。

それは、業務内で2つのツールを使用することが頻繁にあるためです。

一度もツールを使用したことがない方には、実際に使用してみることをおすすめします。

 

3.タイピングスキル

はずせないのがタイピングスキルです。タイピングとは、キーボードを使用し文字を打つことをさします。

やはりパソコンを使用して業務をこなしていくため、正確でスピーディーなタイピングスキルが求められます。

業務内容にもよりますが、エンジニアの方ですと1日に10000文字以上打つこともあります。ブラインドタッチ(キーボードを見ないで、文字を打つ方法)を合わせて習得するのも効果的。

インターネット上で「タイピング 練習」と検索をかけると、簡単にサイトを見つけることができます。

ゲーム感覚で楽しく学んで、タイピングに慣れておきましょう。

 

4.検索スキル

業務に活かせるものとしては、検索スキルがあげられます。

ここでの検索スキルとは、

  • わからないことを自分から調べる
  • 大量の情報の中から、正しい情報を選ぶ

主にこの2つを合わせたものを表しています。

IT業界では、日常的に専門用語を使用し会話をします。特に最初のうちは、わからない用語が多いため、検索スキルは必要不可欠。

ニュースや普段の会話の中で、知らない単語が出てきたときは、今のうちに調べる癖をつけましょう。

 

さいごに

前職で取得したスキルを、業種が異なるからといって、使えないわけではありません。

今までの業務内容を、振り返ってみてください。抜粋した3つ以外にも、あなたにしかない武器が必ずあります。様々な業種から転職した方の体験談をまとめたみんなの転職「体験談」。20代、30代、40代、50代の転職ストーリーは非常に参考になるかと思います。

これまでの経験を活かし、転職成功へとつなげましょう。

-ブログ

Copyright© 速報は無理 , 2021 All Rights Reserved.