ノウハウ

営業職の光と闇を解説~転職するか迷っている方へ~

今の仕事に不満を持ち、仕事に対して何を重視するのか。やりがい、給料、福利厚生、安定した企業...そんな中、転職を決めて求人票を見ると営業職の募集を見る機会が多くあります。営業を経験したことが無い人にとってなんとなく仕事が大変そうと思う職種だと思います。

しかし、営業職と言っても様々な業務があり、会社ごとに働き方は違います。例えばBtoBの営業とBtoCの営業では様相は変わります。

今回は転職を成功させるために営業職が未経験の方でも仕事が行いやすいBtoBの取引をしている企業に絞り、会社規模で差が出やすい300人以上の企業と50人未満の企業に絞って営業職の光と闇をご紹介します。

 

従業員300人以上の場合(BtoB)

◇やりがい        ★★★☆☆  

優位性を高く仕事を進められる場合が多く、金額的にも大きな取引が多い傾向にあり、やりがいを感じられる。一方で毎日の仕事内容はほぼ確立されており、歯車の一部として働くことが多く、社内営業も昇進には欠かせない業務。

 

◇給料              ★★★☆☆  

査定により1年間通しての営業成績や社内営業で昇給する傾向にある。ボーナスは営業成績でやや差がでてくる。どんどん稼ぎたい人にはやや不向き。

 

◇福利厚生       ★★★★★  

社内研修、休日日数の多さ等しっかりしています。

 

◇安定性          ★★★★☆  

万が一業績が悪くなっても企業価値が高い場合が多く統合、吸収合併、買収などで生き残れる可能性が高い。

 

◇総評

日々の仕事内容をマメにこなせる方。優位性を持って仕事をしたい方。福利厚生や安定した企業を志望する方にお勧めです。一方で成績を上げた分だけ給料が欲しい方や社内営業が面倒だと感じる方。裁量を持って仕事をしたい方にはやや不向き。  

 

従業員50人未満の場合(BtoB)

◇やりがい        ★★★★☆ 

営業成績が会社の利益に直結する場合が多く、責任感をもって仕事ができる。又、自由裁量の範囲が大きく上司の判断も速い傾向にある。一方で業界内で優位性を持って仕事ができるとは限らず、マンパワーに頼る傾向にある。

 

◇給料              ★★★☆☆~★★★★☆ 

慢性的な人材不足に陥っていることが多く、インセンティブを謳って求人を出す場合が多い。しかしボーナスに関しては会社の利益が出ていないと出せない財務諸表の場合が多く、変動しやすい。

 

◇福利厚生       ★★☆☆☆ 

一人当たりの業務が多く相当な工夫が無いと休日は少なくなる傾向にある。

 

◇安定性          ★★☆☆☆

中小企業は創業5年以内に倒産する確率が60%と言われている中で創業50年以上存続し利益を残している所もあり一概には言えない。

 

◇総評

スピード感を持って仕事をしたい方。入社初期から裁量を持って仕事に取り組みたい方にお勧めです。しかし最後の転職と思って活動されている方、福利厚生を一番重視している方には注意が必要です。中小企業は慢性的な人材不足な状況が多く解消すべく上の表にない個性的な企業も存在します。

 

 

最後に

営業職は不人気職種とされていますが、営業職は資格が入らない職種では珍しくAIに仕事を取られないとされており、企業には欠かせない部門です。営業の処遇改善を図っている企業は多いです。

最近では「Sugar Spot」などの営業ツールを導入するような企業も増えています。Sugar Spotは、進行中の案件だけをピックアップして状況を確認・管理できたり、訪問直前にスマートフォンで確認事項を再確認でき、進行中案件をとりこぼすリスクを軽減させてくれます。営業先に入る直前に1分で、どんなお客様だったか、前回どんな話をしたか確認できる心強い味方です

今回は従業員数で括りご紹介しましたがご自身が何を重視するのか決めてから業界、職種に捉われず転職活動をされてはいかがでしょうか?

-ノウハウ

Copyright© 速報は無理 , 2021 All Rights Reserved.