ノウハウ

使い勝手のいいタクシー配車アプリ「Grab」はバンコクでも大活躍

投稿日:

東南アジアを中心に大人気のタクシー配車アプリ「Grab」。日本でも最近は「DiDi」などのタクシーアプリが参入してきているので、ご存知の方も多いのではないでしょうか?

日本ほど電車が発達していないタイのバンコクでは、タクシーがないと満足に移動ができません。

現在では、Grabは通常のタクシーに代わるサービスとして、バンコクでも大人気。今回はバンコクで大活躍するタクシー配車アプリ「Grab」をご紹介します。

タクシー配車アプリ「Grab」とは?

「Grab」とは、東南アジアで展開されているタクシー配車アプリです。アプリで近くのGrabに登録しているタクシー・一般のドライバーを呼ぶことができます。

スマホのGPSで位置を拾って、向こうから来てくれるので、タクシーを探しに行く必要がありません。

また、海外でタクシーを利用すると日本人の人の良さを逆手にとってぼったくられるというような話を聞きますが、Grabではあらかじめ目的地を指定して料金が確定するので、ぼったくられる心配はありません。

バンコクでGrabを使うメリット

バンコクでGrabを使うメリットは、大きく以下の3つです。

  • 迎えに来てくれる
  • あらかじめ料金がわかるのでぼったくられる心配がない(ただし、高速道路の通行料金は別途請求されますので、注意してください)
  • 語学力がなくても目的地を伝えられる(バンコクでは英語を話せるドライバーも少ないので、タイ語が話せない人にはとてもありがたい)

他にももっとメリット・デメリットなどを知りたい人は詳しく書いてある「タイ・バンコクでのGrabの使用方法と注意点」を参考にしてみてください。

タクシー配車アプリ「Grab」はバンコクでも大活躍まとめ

バンコクで大人気のタクシー配車アプリ「Grab」を紹介しました。タクシーよりも安心して使うことができるのがGrabです。

バンコクにいくことがあれば使ってみてください。

-ノウハウ

Copyright© 速報は無理 , 2019 All Rights Reserved.