ノウハウ

オンラインセミナーとは?オフラインとのやり方の違いを解説

オンラインセミナーは開催場所を選ばず、パソコンやスマートフォンがあれば参加できる気軽さから、受講者が増加傾向にあります。

オンラインセミナーの概要や、オフラインセミナーとのやり方の違いについて解説します。

オンラインセミナーに興味のある方は、ぜひご参考にしてください。

オンラインセミナーのメリット・デメリット

オンラインセミナーは、インターネットを通じて開催されるセミナーで実際の会場まで足を運ぶ必要がないため、気軽に参加できます。

近年の外出自粛の流れから、主流となりつつあるセミナーの形でしょう。

メリット

オフラインセミナーと比べ、あらゆるコストがかからないことがメリットです。

受講者の心理的負担が少なく、大勢の受講者が参加している中でも気軽に発言ができます。

録画機能を使えば、セミナー内容の復習も可能です。

オフラインセミナーの会場撮影を見返すと、角度や光の反射でスライド資料が見えづらいことがあります。

オンラインセミナーであれば、デバイスの画面に映し出されるため、より鮮明で分かりやすい資料が見られます。

 

デメリット

インターネット環境が整っていないと映像や音声が乱れる可能性があります。

受講したにもかかわらず、まともに見られなかったとならないためにも、せめて自宅のインターネット環境は整える必要があります。

講師1名と受講者複数名の構図で進行するため、講師や受講者の関係構築が難しいデメリットもあります。

主催者の工夫で、ディスカッションや別途交流会を設けるところもあるため、関係構築したい方は積極的に参加しましょう。

 

オフラインセミナーとのやり方の違い

やり方が大きく異なり、場所を選ばないオンラインセミナーでは世界中どこでも参加できます。主催者も受講者も、時間と費用がかからないことが大きな特徴です。

主にSNSやホームページを通じて応募します。

オフラインセミナーの特徴は、時間と費用がかかるものの会場内の緊張感から受講者の集中力が持続します。

セミナー前後や休憩中を利用して、講師や受講者と交流することも可能です。

主にDMやチラシ、人脈を介して応募します。

 

まとめ

オンラインセミナーのメリットはコストがかからず気軽に参加できることです。

オフラインセミナーとやり方が異なるため、集中力の維持が求められます。モチベーションがあれば効率が良いセミナーのため、興味のある方は気軽に参加してみましょう。

また、開催者側にとってもコスト面から開催しやすい形である上、コロナ禍であるため導入に前向きな企業も多いことと思います。ただ、これまでにオンラインセミナーの開催経験がない企業は開催に向けてどのような準備をすればいいのか迷ってしまうこともあると思います。

そんな方は誰でも、いつでも、どこでもカンタンにオンラインセミナーやイベントを企画、開催できるサービスの「オン会.com」がおすすめです。オンラインイベントの予約、チケットや収支の管理など、必要な機能が一式用意されています。

-ノウハウ

Copyright© 速報は無理 , 2021 All Rights Reserved.