ノウハウ

土地放棄したい方におすすめ!安全安心に手放せる方法3選

現代、日本では土地を保有している方が多くいます。有効に活用している方も少なくありません。しかし、土地は保有しているだけでも固定資産税や維持管理費が発生します。有効活用ができず、手放したくても方法がわからないと苦労する方もいるでしょう。

不要な土地は早期に放棄するに越したことはありません。

本記事では、土地を手放せる方法を3選ご紹介します。安全安心な方法なので、ぜひお役立てください。

 

1)土地を寄付する

土地の売却や譲渡先が見つからない場合には、国や市町村への寄付を検討しましょう。

寄付されたあとの用途はさまざまで、公園や公共施設、緊急避難所などがあります。寄付する先の利用目的と合致すれば、受け付けが可能です。

注意したいのは、寄付するための条件が厳しいことです。

利用目的が有益であるか、土地に建つ物件に危険性があるかなどの審査を通過する必要があります。無事に寄付できれば、地方自治体では税金や維持管理費を負担する必要がなくなります。

土地放棄を検討の方は、一度自治体に相談してもよいでしょう。

 

2)土地を売却する

土地放棄する方法の中では一番よい方法でしょう。土地を放棄すると同時に、利益も得られます。

自分では赤字の土地だと判断しても、お金を出してでも欲しい方もいます。

現在ではインターネットを駆使して、世界中の方に発信できます。不動産会社で売却の仲介を求めるのもよいでしょう。

おもわぬ価値がついて売却できる可能性もあります。

 

3)土地を譲渡する

土地を売却できなかった場合には、譲渡も検討しましょう。土地は保有している期間が長いほど、固定資産税や維持管理費が痛手です。

譲渡は、無料でもよいから土地放棄したい場合に有効です。

売却では協力してくれた不動産会社も、譲渡となれば仲介できません。「無償での売却」ではなく「贈与」となり、税金や契約書などの扱いが異なります。

弁護士や司法書士に相談するとトラブルなく土地放棄できます。

 

まとめ

本記事では土地放棄したい方に向けて、安全安心に手放す方法をご紹介しました。寄付、売却、譲渡の3選から土地放棄が可能です。

一番メリットのある方法が売却です。売り先の探し方がわからないという方はまずは土地の所有権放棄サポートセンターやまねこ不動産株式会社)に相談してみるのがいいでしょう。

それでも見つからない場合は寄付や譲渡を検討しましょう。各方法で発生する税金や手続き、相談所が異なるので注意が必要です。

それらと合わせて、保有する土地の立地や建物などの条件から、最適な方法を選ぶとよいでしょう。

-ノウハウ

Copyright© 速報は無理 , 2021 All Rights Reserved.