ノウハウ

オーダー家具のメリットとデメリット

ご自身が求めるデザインや性能をもとにプロの方と話し合いご家庭にあった家具を作ることのできるオーダー家具は市販の家具とは違いよりご自身理想にあった家具を作ることが可能で最近人気が急上昇しています。

最近注目されているご自身専用の枕やベットなどもオーダー家具の一種といえるでしょう。

でも一般的なオーダー家具のイメージは「お金持ちがすること」「おしゃれな家具」といったものが多いのではないのでしょうか。では、オーダー家具にはどのような長所と短所があるのでしょう。

このページではオーダー家具のメリットとデメリットについて解説いたします。

オーダー家具のメリット

TPOにあった家具をつくれる

オーダー家具の最大のメリットといってもいいでしょう。家庭や会社、店舗など場所によっては異なる雰囲気です。また気温が暑い・寒い地域、湿度など地域によって必要な性能が様々でしょう。

これら限定された条件にあったものを一般量販店で見つけるのにはかなりの労力を使いますし、もしなければ妥協しなければなりませんがオーダー家具ではその心配をすべて解消できます。

自分の求めてるデザインや性能を備えた家具を作れる

材質や色合いなどを細かく反映させることが可能であり、ご家庭にあった寸法で作ることによって無駄なスペース減らし、スペースギリギリまで活用することが可能です。

耐震性が強く長持ちしやすい

オーダー家具では耐震設計も可能なため、一般量販店よりも強い耐震性を持たせることができます。

また注文後の製作となるためより長期保管による劣化もなく長持ちしやすいです。

オーダー家具のデメリット

価格が高くなりやすい

一からすべて依頼し家具職人の方に作ってもらうので、やはり一般量販店で販売されているような大量販売している商品に比べると少し高くなってしまう傾向があります。

完成までに時間がかかる

設計から考えそのご注文となるため完成までに時間がかかってしまいます。

また、仕入れ状況等もかかるためものによってはさらに時間がかかる場合があります。

何度も打ち合わせがある

一から作ること、発注者の理想に近づけるためより多くヒアリングを行い提案を繰り返し行う必要があります。希望の家具を作るためには避けては通れませんがその分、時間も手間もかかります。

オーダー家具は賃貸でも利用可能

よく「うちは賃貸だからね」とあきらめる方が多くいらっしゃいますがオーダー家具は賃貸の部屋こそ作るべきなのです。なぜなら、多くの賃貸物件ではねじなどで壁に穴をあけることが禁止されて物件もそう少なくありません。そのため家具をしっかり固定できていないことが多いです。

またよく簡易的な収納スペース等を作っている人もいるかと思います。しかし自作ということもありどうしても耐久性に欠けてしまいます。そこでオーダー家具でその場にあった家具を作るということで耐久性も耐震性も底上げすることが可能です。

マイホームを買わず、賃貸物件で過ごすと決められたかたには最適かと思います。

お気に入りの相棒と長く暮らせる喜び

オーダー家具は値段は少し高く製作には時間と手間がかかるがその家にあった家具を作ることができ、より生活水準を高くしてくれます。また自分の理想の家具作れるためデットスペースも利用でき、なおかつ理想の空間を作ることが可能です。

また、耐震性、耐久性が高いため、一般家具を買い続けるよりはメリットがあるかもしれません。

人生で一番すごすのが家です。あなただけの空間ですからより良いものにしてくれるのがオーダー家具だと思います。オーダー家具はこだわると時間も費用もかかってしまいますが、それだけ愛着が沸きますしそんな相棒と長く暮らせればきっと幸せです。

-ノウハウ

Copyright© 速報は無理 , 2020 All Rights Reserved.