ノウハウ

トランペットの処分方法!捨て方やおすすめの手段など

この記事はトランペットなどの管楽器の処分を考えている方向けに、楽器の正しい捨て方やおすすめの処分方法を解説していきます。

不用なトランペットをお持ちの方は参考にしてみてください。

トランペットの処分方法

  • ゴミとして捨てる
  • 売る

トランペットの主な処分方法としては以上の2つが考えられます。

ゴミとして捨てる

トランペットをゴミとして捨てる場合の正しい方法についてみていきます。

楽器をゴミとして捨てる場合、各自治体によって対応が異なりますので、住んでる地域のゴミの出し方に従う必要があります。

トランペットなどの管楽器が粗大ゴミ扱いであったり、規定サイズ以内であれば資源ゴミで可であったりと自治体によって対応が変わってきますので自治体が公表しているゴミの分別表などを参考にしましょう。

ただ基本的にはトランペットを捨てるのは粗大ゴミになるかと思います。

粗大ゴミとして捨てる場合には事前申し込みや料金の支払いが必要になってきます。

売る

次に不用なトランペットを売る方法についてです。トランペットは中古でも売ることができます。

リサイクルショップや不用品買取業者に買い取ってもらう方法や、インターネットオークション、フリマアプリなどで自ら売る方法があります。

リサイクルショップや不用品買取業者などの買取は持ち込みや出張査定などで即日処分することも可能で、処分してなおかつお金も受け取ることができます。

インターネットオークションやフリマアプリでは楽器の取引が盛んに行われていますので、相場価格で出品すれば売れる可能性は高く、例え状態が悪くてジャンク品として出品したとしても売れる可能性は十分にあります。

トランペットの処分は「売る」のがおすすめ

トランペットを「ゴミとして捨てる」「売る」を比べたときに、当然ですが売る方がベストの選択といえます。

トランペットを粗大ゴミで捨てる場合には、申し込みなどの手間がかかり、料金も払う必要がありますが、買取やネットオークション・フリマアプリの販売であればギターを処分できるだけでなくお金を受け取ることもできます。

「使い込んだトラペットも売れるの?」
「売るのも手間がかかりそう…」

と考える方もいるかもしれませんが、使用感のあるトランペットでも売ることは可能で、ネットオークションやフリマアプリでの販売は手間がかかりますが、リサイクルショップや業者の買取であれば余計な手間はかかりません。

最近では楽器を専門に買取をおこなっている業者もあり、トランペットのメーカーやモデルによっては思いもしないような金額を受け取れるかもしれません。

楽器買取に関する記事はこちら
中古楽器の買取業者おすすめ9選!出張・持ち込みなど高く売るコツも

まとめ

ここまで不用なトランペットの処分を検討している方向けに「捨て方」や「売る方法」を解説してきました。

トランペットの処分は「売る」のがおすすめです。処分方法で迷っている方は参考にしてみてください。

-ノウハウ

Copyright© 速報は無理 , 2021 All Rights Reserved.